日本郵政、3年ぶり2度目の優勝 実業団対抗女子駅伝

有料会員記事

[PR]

 第39回全日本実業団対抗女子駅伝大会は24日、宮城県松島町から弘進ゴムアスリートパーク仙台までの6区間42・195キロに22チームが参加して争われ、日本郵政グループが3年ぶり2度目の優勝を飾った。5秒差の2位にダイハツ、3連覇を狙ったパナソニックが3位だった。

 日本郵政グループは1区の広中璃梨佳(りりか)が区間新の快走でトップに立ち、最終6区で追い上げられたものの結局、一度も首位を譲らずにフィニッシュした。8位までのチームが来年のシード権を得た。

■高卒ルーキー4人が活躍…

この記事は有料会員記事です。残り304文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら