[PR]

 第32回全日本マーチングコンテスト(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)が24日、大阪市の大阪城ホールで開かれた。県内から西関東代表として高校以上の部に出場した伊奈学園総合高は金賞を受賞。中学校の部に出場した久喜市立栗橋東中は銀賞だった。

 伊奈学園総合の金賞は11回目。ヒマワリをテーマにした福島弘和の曲を伝統の「伊奈サウンド」で表現する貫禄の演技。後半の半円を90度回転させる大技やカラーガードを使ってのパフォーマンスで会場をわかせた。ヒマワリをバトンに見立ててチームをリードしたドラムメジャーの小林奈菜花さん(3年)は「震えるほど緊張したが、練習した成果を出し切った」と目に涙を浮かべて話した。

 3年連続7回目出場の栗橋東中は「心に響く最高の音楽を」をモットーに練習を重ねてきた。アメリカのTVドラマシリーズ「スター・トレック」の曲にのって躍動感あふれる演奏を披露。顧問の浅見純也教諭は「練習でやった通りのことができた」。部長の天野由莉花さん(3年)は「みんなが支えてくれたのでここまで来ることができた」と感謝の気持ちを表した。(佐藤太郎)

こんなニュースも