自民党の甘利明・税制調査会長は24日のフジテレビの番組で、安定した皇位継承のあり方について「男系中心に順位をつけておく。(ただ)最終的な選択肢としては女系も容認すべきだ」と述べた。甘利氏は安倍晋三首相の側近。

 現在の皇室典範では、天皇になれるのは父方に天皇の血を引く「男系」の男性のみ。父方に天皇を持つ女性天皇とも異なり、母方だけに天皇の血を引く女系天皇は例がなく、「男系男子」へのこだわりが強い安倍政権内では反対論が根強い。

 この日の番組で甘利氏は「(男系優先で継承の)順位をつけて、きちんと対処できるようにしておくことはいいことだ」と語った。