[PR]

 大阪市住吉区に住む小学6年の女児(12)が行方不明になり、栃木県小山市で保護された事件で、未成年者誘拐容疑で逮捕された自称派遣社員、伊藤仁士容疑者(35)=同市=が、女児に鉄砲の弾のようなものを見せていた疑いがあることが捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、23日に保護された女児は栃木県警に対し、伊藤容疑者の自宅に連れ込まれた後、鉄砲の弾のようなものを見せられ、怖くなったと話したという。

 大阪府警捜査1課の説明では、女児は伊藤容疑者宅に着いた17日夜以降の生活状況について「食事は1日1食ぐらい」「風呂は2日に1回ぐらいだった」とも証言したという。

 また、女児は伊藤容疑者から「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら