[PR]

 エジプト考古省は23日、首都カイロ郊外のサッカラで、ライオンらしき動物のミイラが見つかったと発表した。ライオンと確認されればエジプトでは初めて。考古省はさらに調査を進めるという。

 アナニ考古相らは記者会見で、サッカラにある約2600年前の遺跡で、ネコやワニなど多数の動物のミイラや像が見つかったと発表した。このうち2体のミイラをエックス線で鑑定した結果、骨の大きさや形から、生後8カ月前後の雌ライオンである可能性が極めて高いと判断したという。ライオンらしきミイラは計5体見つかり、考古省は、残る3体の調査を続ける。

 AFP通信によると、これらのミイラは、ネコの頭をした女神バステトを祭る神殿の下から見つかった。多神教だった古代エジプトで、ネコは神々の象徴として崇拝された。(カイロ=北川学)