[PR]

 9月に上陸した台風15号の強風で、千葉県市原市のゴルフ練習場の鉄柱が住宅に倒れ込んだ被害をめぐり、経営者側は24日、練習場の土地を売却して補償に充てる意向を示した。県弁護士会のあっせん人が間に入り、裁判外紛争解決手続き(ADR)で補償額を決めていくという。

 経営者と代理人弁護士によると、ゴルフ練習場は経営継続を断念し、更地にして売却。それによって資金を捻出する。記者会見を開いた経営者は「(売却が)一番責任をとる方法だと思います」と話した。

 自宅2階に鉄柱が倒れ込み、避難生活を余儀なくされている50代男性は朝日新聞の取材に対し、「具体的な補償への姿勢が見え、希望が見えた」と話した。

 ゴルフ練習場をめぐっては9月…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く