[PR]

 世界遺産・龍安寺(京都市右京区)の山門の内側にある白壁に油性ペンで落書きをしたとして、京都府警は24日、横浜市神奈川区の会社員、大西達也容疑者(44)を器物損壊の疑いで逮捕した。「油性ペンで書いたのは間違いない」と容疑を認めているという。

 右京署によると、大西容疑者は24日午後3時40分ごろ、龍安寺の山門から入ってすぐの白壁に、青と赤、黒の油性ペンで「我青龍 感謝朱雀 待たせたな 白虎」と落書きをした疑いが持たれている。

 観光客の男性が「落書きしている人がいる」と110番通報し、駆けつけた同署員らが寺付近を歩いている大西容疑者を見つけ、逮捕した。大西容疑者は、署の調べに「神話やSFが好きで、SF作家になりたい。創作意欲がわいたので書いた」と供述しているという。

 龍安寺は枯山水の石庭で有名で、1994年に世界遺産に登録された。

 龍安寺の松山侑弘(ゆうこう)住職は「大変遺憾であり、今後このようなことを起こしてほしくない」とのコメントを出した。