[PR]

 2020年米大統領選の民主党候補者指名争いで、世界屈指の大富豪のマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長(77)が24日、正式に立候補することを表明した。豊富な資金力を持ち、中道派とされるブルームバーグ氏が加われば、同じ中道派の有力候補ジョー・バイデン前副大統領(77)の支持を奪う可能性がある。

 全米で党候補者を決める予備選挙・党員集会が来年2月初めにアイオワ州から始まるのを控え、この時期に出馬するのは極めて異例。民主党の候補者指名争いには同氏を含め18人が乱立しており、同党のレースはいっそう混迷しそうだ。

 ブルームバーグ氏は声明で「トランプ大統領の無謀で倫理に反する行動をさらに4年間も受け入れることはできない。彼が再選すれば、その打撃から回復することはないかもしれない」と述べ、大統領選に挑戦する考えを明らかにした。

 ブルームバーグ氏は金融情報の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら