[PR]

 対韓輸出規制をめぐる経済産業省の22日の発表に対し韓国大統領府が外交ルートで抗議したと発表したことについて、菅義偉官房長官は25日午前の記者会見で「韓国側の発信ひとつひとつにコメントすることは生産的ではない」と述べ、直接の言及を避けた。

 韓国の抗議に日本側が謝罪した、と韓国側が主張していることについて、菅氏は「政府として謝罪をした事実はない」と事実関係を否定した。

 梶山弘志経産相も25日午前、報道陣の取材に「コメントは差し控えたい」とした上で、今後の両国の協議への影響は「出ないと思っている」とした。

 22日、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の継続決定を韓国政府が発表した直後、日本の経産省が記者会見を開いた。同省の飯田陽一貿易管理部長は、対韓輸出規制について、韓国が求める局長級協議に応じるとしながらも、対韓輸出管理の強化措置は続ける、と明言した。

 日本側のこの対応について、韓国大統領府の鄭義溶(チョンウィヨン)・国家安保室長は24日、釜山で記者団に対し、「韓日で合意していた内容を意図的に歪曲(わいきょく)、膨らませた」と批判していた。