[PR]

 明るい役ではパッと咲き、悲しい役では痛ましく沈む。ドラマで多彩な顔を見せている俳優、小芝風花(22)は、作品によって全く違ったオーラをまとっている。どんなことを考えながら演じているのか? 向かった合同取材会で、ちょっとした「事件」が起きた。

 首都直下地震に襲われた東京が舞台のドラマ「パラレル東京」(NHK総合で2日夜7時30分から、全4回)でアナウンサー役に挑む小芝。その合同インタビューの真っ最中、どこかの記者のスマホの呼び出し音が鳴った。役作りのために受けたアナウンサー研修を振り返っていた小芝の話がさえぎられてしまった。部屋の空気が一瞬、ピリついた。

 すぐさま反応したのは小芝本人だった。

 「電話で…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら