[PR]

 刑務所を出た人たちに「おかえり」と言ってあげられる場所をつくりたい――。札幌・ススキノに元受刑者を雇って更生支援につなげようというしゃぶしゃぶ店がオープンした。店の名前は「おかえり」。経営するのは元検察官の経歴を持つ弁護士だ。

 札幌に本格的な雪が降った15日夜、ビル9階の店舗厨房(ちゅうぼう)には調理服に身を包んだ男性(39)の姿があった。20代後半、執行猶予中に2度目の傷害事件を起こし、4年余り西日本の刑務所に服役した過去を持つ。

 男性は緊張した面持ちで店に客を迎えると、真剣な表情で刺し身用の魚をおろした。隣でその様子を中村浩士弁護士(44)がじっと見つめる。

「本気の支援者に」

 中村弁護士はかつて東京地検や札幌地検などで敏腕を振るった「ヤメ検」だ。

 街で不良たちとケンカをしたり…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら