[PR]

 商船三井が液化天然ガス(LNG)を燃料にした国内初のフェリーを建造する。子会社の「フェリーさんふらわあ」(大分市)が運航する大阪―別府航路に2023年前半までに2隻を順次導入する。従来の重油より二酸化炭素の排出量が2割減るといい、環境対策に積極的に取り組む。

 新造船は全長約200メートル、総トン数は約1万7300トン。定員763人で、貨物スペースを1・5倍に拡大し、トラック136台を収容できる。

 投資額は2隻で約200億円。22年末から23年前半までに、同航路で運航する現在の船と入れ替える。

 LNG化によって二酸化炭素の…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら