拡大する写真・図版 旧那古野小を改装した「なごのキャンパス」のコワーキングスペースで調理したランチを食べる「スタジオアンビルト」の社員ら

[PR]

 リニア中央新幹線の開業に伴う再開発で、街の姿を変えつつある名古屋駅地区。立ち並ぶ高層ビル群の近隣に、ユニークな発想や技術をもった起業家たちが集い、新たな産業の芽がうまれようとしている。舞台は廃校になった小学校だ。

 旧那古野小(名古屋市西区)の校舎を改装し、スタートアップ企業の育成拠点「なごのキャンパス」が昨秋できた。同校は1909(明治42)年に開校し、2017年まで校舎が使われていた。そこを、トヨタ自動車グループの東和不動産が「次の100年を育てる学校」と銘打ってリノベーションし、経済団体や大学でつくる起業家の育成組織とともに運営している。

 かつての教室が個室オフィスに、職員室は打ち合わせや作業に使えるコワーキングスペースに生まれ変わった。学校時代の木製の床や黒板はそのままに、懐かしさと遊び心あふれる空間は、ベンチャー15社、大手3社ですぐに埋まった。

 人材育成に力を入れる「ドング…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら