皇位継承に伴う重要行事の終了を歴代の天皇陵に報告する「親謁(しんえつ)の儀」のため、天皇、皇后両陛下は27日午前、奈良県橿原市で、皇室が初代天皇としている神武天皇の陵に拝礼した。午後は京都市に移動し、孝明天皇陵で同様の儀式を行う。

 両陛下は午前10時すぎ、橿原市の神武天皇陵に到着。陛下はモーニング姿、皇后雅子さまは参拝のためのロングドレス姿で、お一人ずつ参進し、陵の前で玉串を捧げて拝礼した。

 即位の礼と大嘗祭が終了したことを伊勢神宮や歴代の天皇陵に報告する「親謁の儀」については、平成の際は皇族方がご夫妻で両陛下に同行していた。だが男性皇族の減少により、宮内庁は今回、皇族方の同行を取りやめた。(中田絢子