[PR]

 ムスリム(イスラム教徒)が注目する「名古屋メシ」の店がある。みそ煮込みうどんの老舗「大久手 山本屋」(名古屋市千種区)だ。周辺に目立った観光地があるわけでもないのに、ひと月に約300人のムスリムが訪れ、土鍋でアツアツを味わう。その理由を探った。

老舗うどん屋の専用メニュー

 名古屋駅から地下鉄桜通線で13分、店は吹上駅の近くにある。創業は1925(大正14)年。カウンターとテーブル、座敷をあわせて46席。見たところ、普通のうどん屋だ。

 看板メニューは鶏肉と卵が入った「親子入味噌(みそ)煮込みうどん」(税込み1350円)。愛知・岡崎の八丁みそを中心に3~4種類をブレンドしたみそと、職人が手打ちした麺が売りだ。「カレー煮込みうどん」のほか、「きしめん」「手羽先」「味噌串カツ」といった名古屋メシも食べられる。

 だが、それだけではない。食の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら