[PR]

 対韓輸出規制の強化をめぐって日韓が開く方向になった局長級協議について、両国の認識のずれがあらわになってきた。韓国側が日本側の発表内容は「歪曲(わいきょく)されているため抗議し、日本側が謝罪した」と公表すると、日本側は即座に否定。協議の先行きに早くも暗雲が垂れこめている。

 韓国が問題視するのは、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA(ジーソミア))の継続を決めた22日、経済産業省の飯田陽一貿易管理部長が記者会見した内容だ。

 韓国側が求めていた局長級の協議を、課長級の準備会合を経た上で開くことで合意したと発表した。この中で、協議はこれまで指摘してきた韓国の貿易管理体制の不備が改善されたかを確かめる場と位置づけた。輸出規制の強化措置は今後も続ける姿勢を示し、協議は「輸出管理当局として判断した結果。GSOMIAとは一切関係が無い」と強調した。

 一方の韓国は、日米が求めたG…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら