[PR]

 民主派の歴史的な大勝利となった香港区議会選挙。だが、抗議デモが求めてきた普通選挙などがこれで実現に向かうわけではない、と識者はみる。むしろ「民意とは逆方向に進む可能性が高い」との指摘も。どういうことなのか。

香港浸会大高級講師 呂秉権氏

 選挙の結果については、香港政府と中国に計算違いがあった。

 そもそも多くの親中派は、不利な状況下での選挙の延期を求めていた。ただ、政府は延期がさらなる混乱を招くと考えていたし、選挙後には一時的な平穏が訪れるという計算もあったはずだ。

 また、選挙前には大学に学生が立てこもるなど、デモ隊と警察がはげしく衝突していた。抗議活動の過激化が民意の離反を招き、民主派への懲罰という形で選挙結果に表れるのではないかという考えもあった。

 しかし選挙の結果が示したのは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら