[PR]

 旭化成は25日、米国の創薬ベンチャーのベロキシス・ファーマシューティカルズ社を約1432億円で買収すると発表した。腎移植患者向けの免疫抑制剤に強みを持つ同社の買収をてこに、素材、住宅・建材に続く「第3の成長の柱」と位置づける医療分野で、売上高を2018年度の約3千億円から25年度には6千億円に倍増させる計画だ。

 小堀秀毅社長は25日に東京都内で開いた会見で「我々の創薬・研究開発力とベロキシス社の米国医療市場の把握力を組み合わせ、新薬創出へシナジー(相乗効果)を生み出したい」と話した。(江口英佑)