[PR]

 大阪市住吉区の小学6年の女児(12)が栃木県小山市で保護された誘拐事件で、未成年者誘拐の疑いで逮捕された自称派遣社員の伊藤仁士容疑者(35)=同市=が女児とSNSでやりとりした際に偽名を使い、「せつじろう」と名乗っていた疑いがあることが、捜査関係者への取材でわかった。大阪府警は25日、伊藤容疑者を同容疑と監禁容疑で送検した。

 捜査関係者によると、11月10日ごろ、伊藤容疑者の方からツイッターの非公開でやりとりできるダイレクトメッセージ機能を使って女児に接触し、「こんにちは」と送信した。その後、伊藤容疑者は女児に「半年くらい前からうちに女の子がいる。話し相手になってほしい。うちに来ない?」などとメッセージを送った。行き先についてのやりとりで、女児は伊藤容疑者から「東京の方」と告げられた記憶があるという。

 女児の警察への説明では、伊藤…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら