[PR]

 24日、38年ぶりに長崎市を訪れたローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇は、集った大勢の人たちに強い印象を残した。被爆者団体のリーダーたちは、相互不信を対話で乗り越えようとする教皇のことばに力を得た。ミサの参列者は「いのちを守る」というメッセージを感激とともに受け止めた。

市民の思い 代弁してくれた 被爆者団体、評価の声相次ぐ

 爆心地公園での教皇の「核兵器に関するメッセージ」を受け、記者会見した日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)のメンバーからは、メッセージを評価する声が相次いだ。

 代表理事の横山照子さん(78…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら