[PR]

 2016年にプロ化したバスケットボール男子Bリーグの選手年俸がうなぎ登りだ。日本国籍を取得したファジーカス・ニック(川崎)を除くワールドカップ(W杯)出場のBリーグ所属の日本代表8選手の今季の平均年俸は、3季前と比べて2・2倍の4540万円。大河正明チェアマンは「超一流とは言えないけど……」と謙遜しながらも、プロリーグとしての成長に手応えを感じている。

 Bリーグは25日、18―19年シーズンの各クラブの決算の概要などを発表した。日本代表選手だけでなく、B1所属の日本選手の平均年俸も今季は1610万円に増える。16―17年シーズンは820万円で、倍増していることがわかる。その代表例が、千葉のPG富樫勇樹だ。今年6月、日本人選手として初めて年俸が1億円を突破した。

 高額の年俸を支払えるようになった背景には、各クラブの努力と日本代表の活躍がある。入場者数が順調に増え、昨季は259万人になった。それに伴い、入場料収入やスポンサー収入が軒並み増加した。

 日本協会、リーグ、各クラブの…

この記事は有料会員記事です。残り196文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り196文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り196文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!