[PR]

 新興のネットメディアが書籍事業に乗り出している。不況と言われて久しい出版業界に、あえて参入するのはなぜか。

 ハフポスト日本版が8月に出版社ディスカヴァー・トゥエンティワンと出版した単行本「サードウェイ」。途上国支援とビジネスの両立をテーマにした硬派な内容だが、出版後すぐに増刷がかかった。

 筆者は途上国の人とバッグや服などを作り、販売する「マザーハウス」を創業した山口絵理子さん。本は、活動を紹介した昨年11月のハフポストの記事を元にしている。記事に対するネットの反応を分析した結果、書籍化が決まった。

 記事にアクセスした人の平均滞在時間は約3分と同じ長さの記事と比べて2倍以上長く、時間をかけて読まれていることが分かった。記事を読んだ人のSNSなども分析すると、「もっと知りたい」「共感しました」といった高評価が目立った。

 竹下隆一郎編集長は「お金を払ってでも、じっくり読みたい人が多い」と判断し、ネットの反応をみながら関心を呼びそうな順に章立てを考えた。「編集者の直感頼みでなく、読者の興味を丁寧に拾えば読まれる本ができるはずだ」。参入初年度の19年度は6冊で計20万部の売り上げをめざす。

 ニューズピックスも4月に出版…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら