[PR]

 スペインの高級ファッションブランド「ロエベ」は、新作の商品が、ナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺(ホロコースト)の犠牲者が強制収容所で着せられていた服に類似しているとの批判を受け、販売を取りやめた。ロエベは22日、「我々の意図するところではない」として謝罪した。24日、米CNNなどが伝えた。

 CNNなどによると、ロエベが売り出したのは、縦じまのストライプが入ったシャツとズボン。英国の陶芸家ウィリアム・ド・モーガン(1839~1917)に着想を得たデザインとして14日から販売された。

 だが、ファッション業界のデザ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら