[PR]

 米軍が実施した過激派組織「イスラム国」(IS)の最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者殺害作戦に参加した軍用犬「コナン」が25日、ホワイトハウスに招かれた。AFP通信などが報じた。トランプ大統領は「これがコナンだ。恐らくいま世界で最も有名な犬だろう」と紹介。「利口で、素晴らしい仕事をしてくれた」と報道陣に語った。

 コナンは10月にシリアで行われた米軍の作戦で、バグダディ容疑者を行き止まりになっているトンネルまで追い詰め、容疑者は2人の幼い子どもとともに自爆した。その際、爆発でむき出しになった電線にふれてケガを負ったものの、その後、完全に回復したという。

 同通信によるとコナンはベルジアン・マリノア犬の雌。米中央軍のケネス・マッケンジー司令官によると、4年間で50に及ぶ作戦に参加したという。