[PR]

 日本ミシュランタイヤは26日、飲食店と宿泊施設を星の数で格付けする「ミシュランガイド東京2020」を発表した。最高ランクの三つ星の飲食店は11軒、二つ星48軒、一つ星167軒。あらたな三つ星店は「かどわき」(日本料理・港区)の1軒で、昨年の二つ星から昇格した。二つ星には新規で「INUA(イヌア)」(イノベーティブ・千代田区)が登場した。一方で2008年版の東京のガイド開始から三つ星の評価を得てきた「すきやばし次郎本店」(すし・中央区)は、一般客の予約ができなくなったことを理由に評価の対象外となり、ガイドから消えた。10年版から三つ星だった「鮨 さいとう」(すし・港区)も同様だった。

 価格以上の満足感が得られる評価の「ビブグルマン」は238軒、新しいジャンルは加わらなかったが、外国人観光客にも人気のラーメンでは「西荻 燈(とう)」(杉並区)、「中華そば 銀座八五(はちごう)」(中央区)、「中華そば こてつ」(世田谷区)、「純手打ち 麺と未来」(世田谷区)の4軒が新規で評価を受けた。

 日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長は会見で、「変化の速い東京の街は、新規の掲載店が多いことが特徴。ウェブサイトでの英語版ガイドは年々閲覧数が増えている。インバウンドの観光客に大いに案内していきたい」と話した。

 ガイドは11月29日から全国の書店などで販売される。

初の三つ星「若い従業員の励みに」

 「ミシュランガイド東京2020」で、初めて三つ星に仲間入りした港区の日本料理「かどわき」の門脇俊哉さん(59)は、「自分の店は10年以上ずっと二つ星で、何かが足りないのだろうと考えていました。お客さんがまた来たくなる店を目指してやってきたので、三つ星は驚きとともにシンプルにうれしい。若い従業員の励みになればいい」と話す。

 店の冬の名物は、松葉ガニ、フグ、白トリュフとぜいたくな食材が並ぶ。カウンターのある20席ほどの店舗で、来店客の3割はアジアを中心とした外国人になった。

 「頭付きの魚が苦手なら別のものを用意する。間口を狭めずに和食のよさを伝えるようにしています。何度か来店するうちに食べられるようになるものです。料理は平和の象徴で、料理人同士も国を超えてつながっていきたい。修業の希望者も歓迎します」

三つ星の店

麻布 幸村(日本料理)=東京都港区

神楽坂 石かわ(日本料理)=新宿区

かどわき(日本料理)=港区

かんだ(日本料理)=港区

カンテサンス(フランス料理)=品川区

虎白(こはく、日本料理)=新宿区

ジョエル・ロブション(フランス料理)=目黒区

鮨 よしたけ(すし)=中央区

まき村(日本料理)=品川区

龍吟(りゅうぎん、日本料理)=千代田区

ロオジエ(フランス料理)=中央区