[PR]

 東京・四ツ谷駅前の交差点で8月、青信号で横断していた男児(当時4)が緊急走行中のパトカーにはねられ死亡した事故で、警視庁は26日、運転していた同庁新宿署の男性巡査部長(51)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)の疑いで書類送検し、発表した。

 交通捜査課によると、巡査部長は8月18日午前10時半ごろ、千代田区麴町6丁目の国道20号交差点を徐行せずに走行し、死亡事故を起こした疑いがある。緊急走行中も交差点では徐行する規程に反し、進入時には減速したものの、すぐに時速40~50キロまで加速し、歩いて横断歩道を渡りだした男児をはねたという。中央分離帯の植栽の陰に隠れて気づくのが遅れたと同庁はみている。調べに対し、「ブレーキを踏んだが間に合わなかった。私の責任で、命を奪ってしまい、本当に申し訳ない気持ちです」と供述しているという。

 パトカーは当時、違法薬物事件の証拠品の鑑定のため、サイレンを鳴らし、注意を呼びかけながら同庁本部に向かっていたという。