[PR]

 日立製作所が51%出資する主要子会社の化学大手・日立化成(東証1部)の売却先をめぐり、化学大手・昭和電工を軸に交渉を進めていることが26日、わかった。日立化成は電池材料などで世界有数のシェアを持ち、売却額は1兆円近くに達する可能性がある。

 日立製作所は今春、ほかの上場子会社も含めたグループ事業見直しの一環として、日立化成の買い手を入札で募る手続きを始めた。売却益はIT事業投資に充てるとみられる。入札には化学や電子部品メーカー、投資ファンドなど国内外から参加者があり、昭和電工が高値を示している模様だ。

 日立化成は日立製作所の化学部…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら