拡大する写真・図版教育ジャーナリストのおおたとしまささん。最近お気に入りのひとときは夕方の散歩。「ぼうっと抽象的なことを考えるのが、すごく大切な時間」=山本和生撮影

[PR]

 教育ジャーナリストのおおたとしまささん(46)は中学受験や大学入試改革について多くの見識を持ち、発信を続けています。上智大学外国語学部英語学科を卒業後、新卒でリクルートに入社しましたが、2005年に独立。フリーのライター、編集者に転身しました。最愛の子どもと過ごす時間を確保するためです。その後、親子の絆や信頼を深めようと、様々な取り組みを重ねてきました。おおたさんが自身の子育てを振り返ります。

あの日、僕は泣いた

 リクルートを退社したのは、あまりに残業が多かったから。仕事を終えて帰宅しても、会えるのは眠っている息子です。子どもが「パパー」と言って抱きついてくれるのなんてほんの数年間。子どもとの時間を取りたくて、会社を辞めました。

 ――独立したからにはしっかり仕事をして、稼がなければなりません。

 子どもがいる人ならわかるかもしれないけれど、家で仕事するのって、すごく大変ですよね。子どもは「パパー」とか、「これ見て」とか言って寄ってくる。

 ある日、あまりにも仕事で余裕…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら