[PR]

 入院中の子どもたちに寄り添い、手術室にも同行する――。東京都立小児総合医療センター(府中市)で、一頭の犬が常勤の医療スタッフとして働いている。全国で3頭しかいない「ファシリティードッグ」のアイビーだ。都内では初めて導入された。

 アイビーは2歳のラブラドルレトリバーのメス。昨夏から臨時で働き始め、今年8月、正式に病院のスタッフとなった。

 病院には午前9時に出勤する。血液・腫瘍(しゅよう)科の病棟をぐるりと一周。廊下を歩くと、子供たちがなでたり、抱きしめたり。アイビーも目を細め、しっぽを振りながら対応する。ベッドで一緒に寝ることもある。1時間働くごとに休憩をとり、午後4時までたくさんの子どもたちと触れ合った。

 アイビーは毎日のブラッシング…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら