[PR]

 中部電力は26日、関西電力幹部らの金品受け取り問題を受け、取引先などからの金品受領を原則として禁止する規定を設けたと発表した。すべての役員と従業員が対象。「良識の範囲を超えた接待や贈答を受けない」などと明記し、重大な違反があった場合、罰則の対象となる可能性もあるとしている。

 現金や換金性の高い商品券は受け取りを禁止したが、記念品としてもらう図書カードやクオカードは例外とした。現金などを受け取ってしまった場合は、会社に報告する。

 記者会見した勝野哲社長は「(関電の事象を)他山の石として改めて襟を正す」とし、「各職場の管理職のもと、社内浸透を図る」と述べた。(細見るい)