[PR]

 廃棄処分するはずだった戦闘服などをインターネットのオークションサイトなどで売りさばいたとして、陸上自衛隊第6師団(山形県東根市)は26日、神町駐屯地業務隊の50代の男性准陸尉を同日付で懲戒免職処分とし、発表した。

 同駐屯地広報班によると、准陸尉は2018年5月~19年4月ごろ、穴が開いたり古くなったりして廃棄する予定だった戦闘服などを倉庫から盗んでネットのオークションサイトなどで販売。約400点を出品し、計約350万円の売り上げがあったという。

 サイトに出品されているのを別の隊員が見つけたことから発覚。准陸尉は「自衛隊のものが売れるのかどうか興味本位でやった」などと話しているという。(宮谷由枝)