[PR]

 「名古屋土産」といえば、えびせんべいや赤福などが売り上げ上位の常連だが、東海地方の玄関口では、「駅ナカ」の事業者が手がける特色ある土産物も登場している。定番に割って入る新商品はうまれるか。活気づく土産物事情を探った。

 中部空港会社(愛知県常滑(とこなめ)市)は11月22日、オリジナルのクラフトビールを初めて発売した。開港15周年記念の一環で、クラフトビールの製造・販売で実績のある二軒茶屋餅角屋本店(三重県伊勢市)と共同開発した。

 空をイメージさせるさわやかさとともに、飲みやすい味に仕上げたエールビールで、「応援」の意味の「エール」をかけ、「TABI ALE(旅エール)」と名付けた。330ミリリットルで税込み550円。第1ターミナル4階の特設会場で販売している。

 中部空港会社の今枝良人さん(…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら