[PR]

 衆院本会議場で26日、防災用ヘルメットの着脱訓練が行われた。大地震などを想定し、議員が座席の下に配備された折りたたみ式のヘルメットを、一斉に身につけた。

 衆院では2017年、防災頭巾に代わってヘルメットが新たに配備され、訓練は今回で2回目だという。大島理森議長は「災害はいつ何時起きるかわからない。本会議には常に緊張感を持って臨んでほしい」と呼びかけた。