拡大する写真・図版 独VWが受注を始めた、ブランド最小のSUV「T―Cross」=2019年11月27日、東京都港区

[PR]

 独フォルクスワーゲン(VW)の日本法人は27日、「VW最小のSUV」とうたう新型車、「T―Cross(クロス)」の受注を始めた。車体の外寸はコンパクトだが、室内や荷室が広めなのが特長。オレンジや緑など豊富な車体色をそろえ、内装にも明るい色調を採り入れた。ポップなデザインとイメージで、若者世代を中心に幅広い年代の取り込みを目指す。

 「TさいSUV」。VWは発表会で、新型車についてそんなキャッチコピーを繰り返しアピールした。全長は4115mmで、国内メーカーの主要な小型SUVの多くを下回るサイズだ。思い切りハンドルを切ったときに外側のタイヤが描く円の半径「最小回転半径」は、5.1メートルで、5.2~5.3メートルが多い国産SUVより小回りが利く。

 小さめな外寸の一方、荷室は385リットルで、後部座席を前に出すと455リットルと「小型SUVでトップクラス」(同社)の大きさ。座席を折りたたむと1281リットルにまで広がる。「小さい」と呼びたくないということで、車名をもじってコピーを「Tさい」と表現したという。VW日本法人のティル・シェア社長は「いまのSUV人気はおもに小型のセグメントで起こっている。SUV攻勢を進めるために、これらのお客様のニーズをより満たしたい」と話した。

 車体色は、鮮やかなオレンジや…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら