• アピタル

豊胸手術を悔いた室井佑月 乳がんで気づいた生への執着

有料会員記事

聞き手・松浦祐子
[PR]

 作家の室井佑月さん(49)はこの夏、乳がんの手術を受けました。「美」の象徴だと考えていた豊かな胸を失い、感じたこととは?「愚かだった」と振り返る過去の自分への思いとともにうかがいました。

「うそでしょ」

 乳がんが分かったのは7月のこと。ひょんなことがきっかけでした。久しぶりに会った友だちと食事をして帰宅し、お風呂に入ろうと、バスタブにお湯を入れたつもりでした。栓がちょっと開いていてお湯がたまっていなかったんです。

 化粧を落とし、洋服も脱いでいたので、手持ち無沙汰になってしまって、ふとその夜、友だちの知り合いが、がんで亡くなった話を思い出したんです。

 自分で胸を触ってみると、右胸にしこりがあるような感じがしたのです。

 すぐに近くに住む友だちに電…

この記事は有料会員記事です。残り2297文字有料会員になると続きをお読みいただけます。