[PR]

 朝日新聞は11月に行った主要企業100社アンケートで、国内外の経済や働き方などに関係するテーマについて聞いた。

 今回の調査では、揺れ動く世界情勢が企業経営の逆風になっている状況が浮かび上がった。

 米国で貿易の保護主義が高まり、米中は互いに追加関税の発動を繰り返している。この影響の有無を100社にきいたところ、「出ている」と答えたのは計50社にのぼり、前回調査の計36社から大きく増えた。「今は出ていないが、今後多少は影響が出そうだ」は44社から29社に減ったが、むしろ影響が実際に広がっていることがうかがえる。

 「大きな影響を受けている」と…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら