[PR]

 多くの自治体は今も、可児市の選挙無効判決の衝撃を引きずっている。

 AI(人工知能)などの先端技術を活用した電子市役所の構築を進める岐阜県大垣市。トラブルがあった2003年の可児市議選の電子投票には、職員を視察に派遣するほど熱心だったが、現在は、構想に電子投票は入っていないという。

 選挙管理委員会事務局の担当者は「システムがダウンした際の危険性などを考えると、検討するまでもない。どこの自治体も同じではないか」と話す。

 総務省のまとめでは、昨年3月…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら