[PR]

 民主党の大統領候補指名争いに加わるインディアナ州サウスベンドのピート・ブティジェッジ市長(37)は連邦レベルの政治経験がなく、人口10万人の中西部の小さな市のトップに過ぎない。当選すれば史上最年少で、同性愛者を公言する初の大統領にもなる。そのブダジェッジ氏が、予備選開始が近づくに連れ、一部の州ではバイデン前副大統領ら「トップ集団」と互角か、上回る支持を集めるようになっている。その勢いの理由は何なのか。

 「ピートのことを気に入っている。医療保険をめぐるバーニー(サンダース上院議員)やウォーレン(上院議員)の立場はちょっと行き過ぎ。中道寄りのところがいい」

 10月半ば、アイオワ州の州都デモインの高校で開かれたブダジェッジ氏の集会で、科学者のローラ・チャーチさん(47)はこう話した。ブティジェッジ氏の名字は発音が難しく、アメリカ人も苦労するほど。それもあって、支持者の間では「ピート」や「メイヤー・ピート(ピート市長)」と呼ばれることが多い。

 来年の大統領選に向けて、民主党の中では、共和党の穏健派や無党派層にもアピールできる中道候補がいいのか、それとも急進的な進歩派に支えられる左派候補がいいのか、意見が対立している。前者の代表格がバイデン氏、後者がサンダース氏やウォーレン氏だ。

 指名争いの先頭に立つと見られたバイデン氏はオバマ政権を支えるなど実績が豊富だが、集会は熱気がなく、討論会では言い間違えたり、口ごもったりする場面が目立つ。前回の大統領選でクリントン元国務長官と指名を争ったサンダース氏は前回ほどの熱気がない。そこに伸びてきたのが「富裕層への増税」などを訴えるウォーレン氏で、選挙情報サイト「リアル・クリア・ポリティクス(RCP)」がまとめた世論調査の平均では、10月上旬に一時、ウォーレン氏の支持がバイデン氏を上回った。

 これに慌てたのが、中道候補を求める人たちだ。「ウォーレン氏が候補者になったら、富裕層が一斉にトランプ大統領支持に流れる」といった危機感が強まった。民主党支持者の間でもウォーレン氏の政策に拒否感を持つ層があり、バイデン氏への不安もつきないなか、ブティジェッジ氏に支持が集まり始めているのだ。

 関係者に衝撃を与えたのは11…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら