岡山)伝統工芸展に作品、人間国宝・太田儔さん惜しむ声

有料記事

菅野みゆき
[PR]

 岡山市出身の漆芸家で、讃岐漆器の代表的技法の一つ「蒟醬(きんま)」の人間国宝・太田儔(ひとし)さんが18日、88歳で亡くなった。折しも同市で開催中の第66回日本伝統工芸展(県立美術館、日本工芸会、朝日新聞社など主催)には、太田さんの作品が出展されている。多くのファンがその精緻(せいち)な技に驚き、惜しむ声を送る。会期は12月1日まで。

 27日、会場の県立美術館(同市北区天神町)を小野邦夫さん(88)が訪れた。太田さんと小学校の同級生だったという。新聞で死去を知り、足を運んだ。黒いリボンの添えられた「籃胎(らんたい)蒟醬箱『さくら』」の前で足を止め、じっと見入った。

 展覧会の会場で会い、旧交を温めていた。20年ほど前に太田さんの高松市の工房を訪れ、もらった香合を今も大切にしているという。「戦後の混乱期に苦労して学び、人間国宝になった。地元で講演をしてもらったこともある。残念だ」と惜しんだ。

ここから続き

 太田さんは1931年、吉備…

この記事は有料記事です。残り549文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。