[PR]

 精神疾患のある親をもつ子どもたちを対象としたピアサポートプログラム「子ども版家族による家族学習会」を体験できるセミナーが、12月14日に札幌市で開かれる。主催の「精神疾患の親をもつ子どもの会 こどもぴあ」のメンバーの体験発表や埼玉県立大学の横山惠子教授(精神看護学)によるプログラムの紹介、互いの体験を語り合うグループワークなどがある。

 午後1時から4時30分、札幌市中央区北4条西6丁目のTKP札幌ビジネスセンター赤れんが前。定員60人。無料。関心のある高校生以上が対象。グループワークは子どもの立場の人のみ。

 申し込みはメールで。氏名、立場(子ども、子ども以外の家族、支援者など。子ども、家族以外は所属も)を記入し、札家連(sakkaren-1975@ninus.ocn.ne.jp)へ。定員になり次第締め切り。詳細は共催の朝日新聞厚生文化事業団のホームページで。