[PR]

 若者の社会貢献活動を顕彰する内閣府の「未来をつくる若者・オブ・ザ・イヤー」の内閣総理大臣表彰に、中池見湿地(福井県敦賀市)で環境保全や生物調査などに取り組む藤野勇馬さん(24)=敦賀市=が選ばれた。27日に市役所を訪れた藤野さんは「貴重な湿地を次の世代に伝える活動をしていきたい」と語った。

 中池見湿地は、敦賀市樫曲に広がる25ヘクタールの湿地。キタノメダカやデンジソウなど約3千種の動植物が暮らし、地下には、過去の気候変動などを知る手がかりとなる泥炭層が堆積(たいせき)している。2012年に国際的に貴重な湿地を守るラムサール条約に登録された。

 藤野さんは小学生の頃から、中池見湿地に親しんできた。湿地を訪れる研究者らとの交流やフィールドワークなどを通じて独学で知識を身につけ、湿地の保全や、淡水貝類をはじめとする生き物の調査に取り組んできた。

 現在は家業の表具店で働きなが…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら