拡大する写真・図版独VWが受注を始めた、ブランド最小のSUV「T―Cross」とVW日本法人のティル・シェア社長=2019年11月27日、東京都港区

[PR]

 高めの車高で人気のSUV(スポーツ用多目的車)市場で、輸入車の攻勢が目立ってきた。特に小型車が得意な欧州勢が相次いで新商品を日本に投入。小さめの車は日本メーカーのお家芸だが、欧州勢は独特のデザインや乗り味をアピールしており、競争が激化しそうだ。

 「コンパクトなのに広い室内空間。内外装の組み合わせは21通り。上級車に匹敵する先進装備」。独フォルクスワーゲン(VW)日本法人のティル・シェア社長は27日、「VW最小のSUV」とうたう新型車「T―Cross(クロス)」の発表会で力を込めた。鮮やかなオレンジなど八つの車体色で、上級グレードはホイールやミラーの色も選べる。カラフルな外装が特徴で、幅広い層にアピールする。

 以前は「悪路向けのタフな四輪駆動」のイメージが強く、三菱自動車の「パジェロ」やトヨタ自動車の「ランドクルーザー」など大型車ばかりだったSUVだが、最近は運転しやすい高めの車高で世界的に人気だ。都市部でも乗りやすい小型車も増えている。マツダによると、国内の普通車販売でSUVが占める比率は18%と、この9年間で2・5倍に伸びたという。

拡大する写真・図版トヨタ自動車の小型SUV「C―HR」=2016年12月

 日本メーカーも様々なSUVをそろえるが、最近目立つのは輸入車勢だ。

 仏グループPSAのブランド「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら