第1回性被害に遭った小3のあの日 家族でケーキを囲むまで

有料会員記事子どもへの性暴力

編集委員・大久保真紀
[PR]

子どもへの性暴力

写真・図版

 いちごをふんだんに使った特注の丸いタルトケーキ。11月12日の夜、大分県別府市にあるレストランで、ある夫婦がいとおしむように携帯電話で写真を撮った。

 39年前のこの日、1980年11月12日、小学3年だった工藤千恵さん(47)は下校後、自宅から歩いて15分ぐらいのそろばん塾に行った。

 夕方、塾を終えて表に出て角を曲がったところで、50代の見知らぬ男に近くの遊園地への道を聞かれた。

 「知りません」。そう答えると、右の手首をつかまれ、すごまれた。「声を出したら殺すぞ」

 怖くて声が出なかった。塾の自転車置き場の前を戻る形で、引きずられるように歩いた。涙がポロポロとこぼれた。塾のみんなが見ていた。でも、親類のおじさんに怒られて連れて帰られたと思ったのか、だれも声をかけてくれなかった。

子どものころに受けた性暴力は、心身に深い傷を刻み込みます。しかし、性暴力を語ることはタブー視され、多くの被害が埋もれたままになっています。被害に深く傷つきながらも、勇気を持って実名で語る被害者たちに話を聞きました。

 《なぜ、だれも助けてくれな…

この記事は有料会員記事です。残り3059文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載子どもへの性暴力(全47回)

この連載の一覧を見る