第3回父とのゲームは性虐待だった 消したい自分を愛せるまで

有料会員記事子どもへの性暴力

山田佳奈
[PR]

子どもへの性暴力

写真・図版

 2年前、子どものころのアルバムを初めて開いた。そこには父親から性暴力を受けていた幼稚園から中学2年生までの写真がある。

 あのころの自分を消してしまいたいとずっと思ってきた。わたしはどんな表情で写っているのか。怖くて、これまで見られずにいた。

 高松市で美容院を営む宮本ゆかりさん(49)は大企業で管理職を務めた父(76)と専業主婦の母(73)のもと、一人娘として育った。性虐待の記憶が残るのは幼稚園に通う5歳のころの父とのじゃんけんゲーム。

子どものころに受けた性暴力は、心身に深い傷を刻み込みます。しかし、その多くは埋もれたままです。この状況をどうしたら変えられるのか。被害に深く傷つきながらも、勇気を持って実名で語る被害者たちに話を聞きました。

ここから続き

 勝つとお菓子をもらえ、負け…

この記事は有料会員記事です。残り2014文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載子どもへの性暴力(全47回)

この連載の一覧を見る