[PR]

 20年間のサラリーマン生活の後、ブランドを立ち上げた人がいる。「BONCOURA(ボンクラ)」のディレクター、森島久さんだ。こだわりの服づくり、デニムへの愛情はどうやって培われたのか。話を聞いた。

 大阪・ミナミまで自転車で20分ほどの所で生まれ育ったので、「アメリカ村」のあたりも小学校高学年の頃からよく行っていました。当時は1970年代後半。古着屋が今ほどなかった時代。はやっていたのはサーファーに人気の裾の広がったジーンズでしたが、僕は安くてカッコいいストレートが好きだったので、古着で見つけては購入していました。

 大学生の頃はDCブランド全盛期。モデルのアルバイトをしていましたが、流行に全く興味はなく、自分流のカッコいいを求めてツイードのジャケットにミリタリーのチノパンなどをはいていました。

 就職した百貨店では法人外商の仕事に。初めはスーツを着ましたが、数年後にはジーンズやスニーカーで行くようになりました。自分らしく好きな服を着たかった。人と同じ格好が安心、みたいな感覚は昔からなかったですね。

 42歳で会社を辞めました。違う可能性を試したいと。モデルなどの仕事をしながら準備し、2011年、「ボンクラ」をスタートさせました。

 そういえば幼稚園の頃にはもう…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら