[PR]

 セブン―イレブン・ジャパンの複数の本部社員が店主に無断で商品を発注していたのを踏まえ、セブン本部は27日、店主からの通報を受け付ける窓口を設けた。無断発注が広まっている可能性があるとみて、全国的に調べる。問題の背景に、何があるのか。

 セブン本部によると、無断発注は今年5月以降で2件確認した。フランチャイズ店の経営を指導する立場の本部社員が、店主が留守の間に店のコンピューターを勝手に使い、おでんなどの注文を出した。店の独立性を保つ社内規定に反するとして、2人を懲戒処分にしたという。

 無断発注は、セブンの永松文彦…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。