[PR]

 「NHKから国民を守る党」の丸山穂高衆院議員は27日、国会内で記者団に対し、天皇陛下の即位に伴う祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」に参加した際に、秋篠宮家の長女眞子さまに対し、結婚が延期されている小室圭さんが米国留学中であることを念頭に「アメリカは遠いですね。お寂しいですか」と声をかけたと明らかにした。

 丸山氏は自身のツイッターに同様の内容を投稿。不適切との指摘が出ていることについて、丸山氏は「何が問題なのか。正式に婚約の内定会見をされた。アメリカに行っているのも事実だ。(自身の発言を)不適切だという方が不適切だ」と反論した。

 野党側は衆院議院運営委員会で、丸山氏が饗宴の儀で「酒に酔い、周りに制止される事案があったとの情報がある」と指摘していた。丸山氏は「根拠はない」との立場で、指摘したとされる議員と所属する国民民主党に対し、公開質問状を出した、と説明した。