[PR]

 双子をのせたベビーカーでバスに乗ろうとしたら、乗車拒否された――。ツイッターのこんな投稿が話題になりました。対応は事業者によって違うものの、双子や三つ子など多胎児を連れて公共交通機関で外出する際、肩身の狭い思いをしている親は少なくありません。家にこもらざるを得ず、孤立して精神的に追い詰められる人もおり、改善を望む声があがっています。

 11月半ば、東京・渋谷駅前のバスターミナル。横に座席が二つ並んだ横型タイプのベビーカーに1歳の双子を乗せ、女性会社員(31)が都営バスの列に並ぶと、案内役の男性スタッフに呼び止められた。「それは乗れないです! 幅広いのはだめ」

 手渡された紙には「大型ベビーカーは他のお客様の乗り降りの妨げとなり、通路の安全確保が困難になります。乗車はご遠慮を」とあった。この路線は周産期母子医療センターのある日本赤十字社医療センター行きで、乳児連れの親もよく使う。ベビーカーの幅は約70センチ。折りたたむ機能はある。「でも双子を抱え、荷物も持ってなんて、1人では無理」と女性はため息をついた。

 文京区で生後7カ月の双子の男児を育てる女性(32)も10月末、帰宅時にバス乗車を断られた。

 いったんは双子用ベビーカーを…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら