[PR]

 兵庫県尼崎市消防局によると、27日午後5時8分、同市神田南通1丁目の路上で「入れ墨を入れた男性が撃たれて意識がない」と、通行人から119番通報があった。兵庫県警によると、撃たれた男性は、神戸山口組の古川恵一幹部(59)。病院に搬送されたが、その後死亡が確認された。現場周辺では、多くの人が発砲音を聞いていた。

 捜査関係者によると、事件後、男が車で逃走したが、通りかかった人が車のナンバーを見ており、京都府警が同府内でこの車を見つけた。府警は、車に乗っていたとみられる男を銃刀法違反などの疑いで現行犯逮捕した。

 関係者からの110番通報では「10発以上撃たれた」との内容だった。自動小銃の薬莢(やっきょう)とみられるものが現場近くに落ちていたといい、兵庫県警が詳しく調べる。

 現場は阪神尼崎駅から西に約400メートルの商店街の近く。県内では10月にも神戸市中央区の暴力団事務所近くで発砲があり、組員2人が射殺された事件があった。