写真・図版

[PR]

 治療でよく使われる抗菌薬(抗生物質)が効かない大腸菌が、世界規模で広がっている。院内感染で問題になる医療機関にとどまらず、家畜やペット、河川からも見つかり、健康な人のおなかにも居着き始めている。

 島根県出雲市の県立中央病院で2016年にある変化が起きた。重い尿路感染症で入院した子どもが急に増えた。

 11年からの5年間は42人だったが、16年からの3年間は128人になった。大腸菌などが何らかの理由で尿路に入って起きる炎症が、腎臓にまで及んだ子どもたちだ。小児科の堀江昭好医師(現在は松江赤十字病院)らが調べると、急増した3年間の原因菌の6割超は、薬剤耐性を持つ大腸菌だとわかった。通常、この病気の治療で最初に使う「セファロスポリン系」という抗菌薬が効きにくくなっていた。

 第一選択の薬を切り替えると、熱が下がるまでの期間が短くなったという。堀江さんは「尿路感染を起こしやすいタイプの大腸菌が耐性を獲得して、地域に広がっている」とみる。

 細菌による感染症は、抗菌薬で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら